COQ10navi
コエンザイムQ10の人気ランキング

コエンザイムQ10名前の意味とは

美容やアンチエイジングだけではなく、激しいスポーツなどからの疲労回復にも効果的なコエンザイムQ10(キューテン)。
体を動かすために必要なエネルギーを生み出す、酵素を助けている大事な成分です。
体内の細胞の一つ一つにはミトコンドリアというエネルギーを作り出す工場のような部分があり、そこに含まれています。
加齢や病気で減少するコエンザイムQ10をサプリメントなどから補い、疲れにくく健康な体を維持できるのです。
そんなコエンザイムQ10ですが、何とも不思議な名前ですよね。
いったいなぜこのような名前が付いたのでしょうか。

まずは先頭のコエンザイムとは何でしょうか。
コエンザイムは「Coenzym」と書き、「補酵素」という意味になります。
補酵素はその名の通り、酵素がスムーズに働き続けるための補佐をする酵素です。
コエンザイムQ10のほか、ビタミンBやビオチンなども補酵素です。

次に「Q」です。
コエンザイムQ10の別名は「ユビキノン(ubiquinone)」。
これは、いたるところに存在するという意味のラテン語、ユビキタスという言葉に由来しています。
また、コエンザイムQ10の化学構造が「キノン型(quinone)」であることから、コエンザイムQ(CoQ)と表記されるようになりました。

ユビキノンの化学構造には、イソプレン単位(イソプレン鎖)と呼ばれる部分があり、生物の種類によってその数が決まっています。
ヒトやウシ、ブタは10個、ラットや麦は9個、大腸菌は8個などです。
最後の「10」はイソプレンの数を表していたのです。
化学構造に由来する名前が。
そのまま日常で使われているのですね。

トップに戻る