COQ10navi
コエンザイムQ10の人気ランキング

コエンザイムQ10の酸化型と還元型の違いを知りたい

コエンザイムQ10は、酵素の働きを手助けする成分として高い注目を集めています。
そんなコエンザイムQ10に、種類があることはご存じでしょうか。
実は酸化型と還元型という2つの種類があります。

酸化型は、ユビキノンとも言われています。
肌の細胞を活性化したり活性酸素を無力化したりする働きがあります。
ただし、そのままの形では身体に吸収されず、摂取後しばらくしてから還元型となって摂り込まれるという特性があります。
しかも、摂り込まれるまでのロスタイムで、何割かは体外へ排出されてしまいます。
製造しやすいというメリットがあるために、サプリでは酸化型が多く採用されていますが、あまり効率的でないことも確かです。

還元型に変える機能は、誰もが体内に持っているものですが、加齢によって下がっていきます。
そのため、20代の若いうちでなければ、あまり摂る意味が無いかもしれません。

一方の還元型とは、元来身体にある補酵素と同じものであり、摂取後すぐに吸収されて機能を発揮します。
特徴としては、酸化型とそれほど変わりませんが、エネルギーを生産したり抗酸化作用をもたらしたりすることが挙げられます。
加齢によって身体の機能が下がっても非効率にならないよう摂取したいのであれば、還元型のものが適しています。

ただ、製造には高度で特殊な技術を要するため、大量生産に成功している会社があまりありません。
希少なために、酸化型と比較して高値で売られていることも特徴です。

トップに戻る