COQ10navi
コエンザイムQ10の人気ランキング

食品からコエンザイムQ10を摂取するには?

コエンザイムといえばサプリメント、と思いつくほど、コンビニやドラッグストアでさまざまなコエンザイムQ10の商品を目にします。
手軽で便利なサプリメントだけれど、あまりに高額なものは続けられないし、また副作用なども心配です。
できるだけ日々の食事から摂り入れたいという方のために、どんな食品にコエンザイムが多く含まれているのかをご紹介します。

さまざまな食品に含まれるコエンザイムですが、中でもいわし・さば・豚肉・牛肉・まぐろ、といった動物性食品に多く含まれます。
その中でもトップはいわしです。
植物性食品は、ほうれん草・ブロッコリー・大豆・ピーナッツなどです。
その他、オイル類ではごま油・菜種油・大豆油などにも多く含まれます。
またコエンザイムは熱に強い特徴がありますので、食材を加熱調理しても成分が失われる心配がありません。
色々な調理法で毎日の食事からコエンザイムを摂取することができます。
そして、コエンザイムは脂溶性の物質であることから油に溶けやすい特徴があります。

食べ方のコツは、油と一緒に食べることです。
吸収率が高まり効率的に栄養素を摂取することができます。
また強い抗酸化作用で知られるビタミンCやビタミンEですが、コエンザイムがないとその力を発揮できないといわれています。
かぼちゃや緑黄色野菜、ナッツ類、肉、魚などと油を組み合わせると効率的にこれらのビタミンを摂り入れることができます。

一方でコエンザイムの摂取量の目安は一日100mgです。
いわしの大きさにもよりますが、これをいわしで換算しますと約20匹~30匹となり現実的ではありません。
このことからサプリメントを上手に組み合わせながら日々の食生活を工夫するとよいでしょう。

トップに戻る