アトピー性皮膚炎に対するコエンザイムQ10の可能性
COQ10navi
コエンザイムQ10の人気ランキング

アトピー性皮膚炎に対するコエンザイムQ10の可能性

コエンザイムQ10をご存知ですか。
この栄養素は、最近美肌への効果がしきりに宣伝されているので、化粧品の素材の一つであると思っている人も多いでしょう。
しかし、これは栄養素であり、人間が健康な生活を営むために必要なものです。
この栄養素は補酵素という種類の栄養素であり、体内で働く酵素の補助をしている大切な栄養で、体内でも生成されますが、年齢とともに生成がされなくなってきてしまったりストレスや暴飲暴食によっても生成速度が鈍ってしまうということがわかっています。
特に現代人は睡眠が十分に取れなかったり、ストレスを恒常的に受けていることがわかっていますので、必須の栄養素であるといえます。
コエンザイムQ10が最も強く働く代謝経路は、血糖や脂質からATPという細胞が使うエネルギーを生産するところであると言われています。
とくに脂質からエネルギーを作るところは、コレステロール値を下げたり、メタボリックシンドロームを予防したりすることから大切な機能であると言えるでしょう。
また、体の心肺機能を高めることがわかっているので、運動機能を上昇させることもわかっています。
これだけ大切な栄養素であること、現代人は不足傾向にあることから、多くのサプリメントが発売されています。 コエンザイムQ10サプリメントの価格相場はこちらにかいてありますのでご覧ください。


サプリメントがおおく販売されていることから、十分な安全性が企業によって確かめられており、過剰摂取によっても副作用がほとんど現れないことが確認されています。
一方でアトピー性皮膚炎は、遺伝的には酵素がうまく作られないことが原因であり、リノール酸などの脂質を多く摂取してしまうと起こる疾患であると言われています。
なので、酵素がうまく働かないと、脂質の代謝がうまくいかず、コレステロール値が異常になりやすいために肌のトラブルとして表出してアトピー性皮膚炎になるのではないかと考えられているのです。
本来であれば、脂質などはエネルギーに変換されることになったり、特に肌においては肌を保護する役目をするセラミドなどに変えられて利用されるはずが、酵素の働きが弱いと、脂質のまま残ってしまい、肌のトラブルを引き起こすということになります。
こうして考えてみると、コエンザイムQ10という栄養素は補酵素という酵素の補助をする役割を持ち、特に脂質の代謝に関わることから、脂質が原因となりうるアトピー性皮膚炎にとても効果があることが示唆されます。
整体師の方など多くの方がこの効果を実感しており、人によって原因は様々であることは前提ですが、コエンザイムQ10がアトピー性皮膚炎に効果があるといっていいでしょう。
是非みなさんに試してみてほしいのですが、中にはコエンザイムQ10を摂るのを避けたほうが良い人もいるそうなので詳しくはこちらをご覧ください。

トップに戻る