うつ病にも有効なコエンザイムQ10について
COQ10navi
コエンザイムQ10の人気ランキング

うつ病にも有効なコエンザイムQ10について

近年、『うつ病』という病気が大きな社会問題となっています。
人間は嫌なことがあったりすると気分が落ち込み、憂うつな気分となります。
通常は原因となっている問題が解決したり、時間が経過をすれば、憂うつな気分から回復をします。
しかし、この病気は、原因の解決や時間の経過があっても、その後もずっと気分が落ち込んだまま回復をせず、憂うつな状態が長く続くような精神的な病気を指します。
この病気には精神的な症状と身体的な症状が現れます。
身体的な症状としては、不眠症や睡眠過多、食欲増加や食欲低下、慢性的な疲労感や倦怠感、頭痛や肩腰の痛みなど様々な症状が発生します。
精神的な症状としては憂うつな気分だけではなく、喜怒哀楽の消失、思考力や集中力の低下、注意力散漫など様々な症状が発生し、最悪の場合、精神的に追い詰められて自ら命を絶ってしまうという悲惨なケースもあります。
この病気の原因は、脳の機能障害や個人の性質、ストレスや体の病気など様々な要因が考えられています。
今や社会問題へと発展をしているうつ病ですが、昨今、この病気に有効であると注目をされているものがあります。
それは、なんとあの「コエンザイムQ10」なのです。


コエンザイムQ10という物質には抗酸化作用というものがあります。
人間の細胞は活性酸素という物質により酸化をしてしまうことがありますが、この物質はその活性酸素に作用し、活性酸素を分解・無毒化をしてくれる働きをします。
ではなぜ、この物質がうつ病に有効なのでしょうか。
人間の体は、受けるストレスが増加をすると、体内で発生をする活性酸素に対応できなくなってしまい、体はどんどん酸化をしていってしまいます。
この体の酸化により気分や判断力に関係するセロトニンやノルアドレナリンといった神経伝達物質の分泌が異常となり、慢性的な疲労感や倦怠感、気分の落ち込みなどの症状が現れるのです。
つまり体の酸化もうつ病の原因の一つと言えるのです。
ですから、抗酸化作用のあるコエンザイムQ10を摂取することにより、活性酸素を減少させ、体の酸化を防ぐことが出来ますので、病気にも有効と言えるのです。
そんなコエンザイムQ10の摂取方法はサプリメントが有名ですが、それ以外にも食事からも摂れるそうです。
コエンザイムQ10は生活習慣病の予防などの健康面・美容面への絶大な効果だけではなく、さらに精神面での効果も大いに期待できますので、最近気分が晴れなくて悩んでいるという方は是非一度試してみてはいかがでしょうか。

トップに戻る